忍者ブログ
エーデルワイン スタッフBlog 岩手県花巻市大迫町のワイナリー「エーデルワイン」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは シャトー山影です。
先日、ヒメコザクラ にごりスパークリングワインのビン詰めがありました。メルロー赤、ナイアガラ、シードルの3種類。


私はシードル(2013年に収穫した美味しいりんごで作った発泡ワイン)のビン詰めを初体験しました。以前からやってみたいと思っていたのでお声が掛かった時は『やった~!』


まず製造部部長代理より一通り説明を受け、私が担当したのはビンの洗浄。ビンは全部新しい物を使用しているので埃を洗い流す感じでビンの中と外を洗い流します。 
 



ビンを逆さまに立て水気を取ります。
 



ビンを1本ずつ充填機にセットしてワインを充填します。






打栓する機械に王冠を一つずつセットし、真下にボトルを置きます。二つのボタンをプッシュすると打栓完了!






その後水にサッと漬けて、ビンの外側を洗浄。ボックスパレットに寝かせビンの中で更に発酵をすすめます。




1本ずつ手詰めなので、大事に育てた我が子を世に送り出す、そんな感じがしました。

今回詰めたスパークリングワインは1次発酵途中のワインで、加熱処理・ろ過をしていないので『にごり』があり、葡萄本来の旨みや香りが楽しめます。発酵途中のワインは密閉されたビンの中で更に発酵が進み、発売できる頃にはフレッシュ感たっっっぷりの辛口ワインとなっていきます。発売日が楽しみですね!

ご注意:抜栓の際にはビン内の圧が高くなっていますので十分にお気を付けください。受け皿を用意されるといいですね。


醸造棟の一画での作業、(ただでさえ寒いのに外と然程変わらない建物の中)寒さ対策は万全にしたつもり×××。作業が下手なのか、水のシャワーを浴び続けビン詰めが終わる頃にはびしょ濡れ状態‥‥。寒さ倍増の数時間、来年は合羽必需品です×××。

寒い蔵の中でいつも作業している製造部の皆さん、本当にご苦労様です。
PR
この記事にコメントする
名前
題名
メールアドレス(非公開)
URL
コメント
文字色   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
AD 忍者ブログ [PR]
岩手エーデルワイン

岩手県花巻市大迫町10-18-3
tel:0198-48-3037
fax:0198-48-2412
HN:
エーデルワイン たかみ
性別:
非公開
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/22 setaily]
[09/18 玉姫]
ブログ内検索
最新トラックバック
リンク
バーコード
P R
アクセス解析